注文住宅、分譲住宅、リフォーム、不動産仲介。住まいのことなら細田工務店へ。

第6回「施工編」

資料請求<リフォーム>

  1. TOP
  2. リフォーム
  3. 特集:はじめてのリフォームガイド
  4. 第6回「施工編」

特集 はじめてのリフォームガイド第6回「施工編」

工事に入ったら、
現場とは「付かず離れず」が良い関係

契約が済んだからと、全く任せきりなのもよくないし、逆に関わり過ぎるのも、思わぬトラブルの原因になりがちです。工事が円滑に進むよう、お施主さま側としてできることや、少し気にかけておいていただくとよいことをお話します。

ナビゲータ:柳田 政幸

工事期間中に心がけておくとよいポイント

工事がなるべくスムースに運び、納得のいく仕上がりになるように、工事段階に応じたちょっとしたポイントをお伝えします。

ここが知りたい!Q&A

Q1外壁塗装工事はどのような内容・流れですか?
全体的な工期は条件にもよりますが、10~12日間ほどかかります。内容・流れは以下のようになります。

(1) 仮設足場組立
足場を組む際に注意することは、隣地との境界線や車庫・玄関・電線に足場がかからないよう組むこと、そして作業現場および周辺への安全性を確保することを考慮し、しっかりと組み上げていきます。また作業中にホコリなど隣地に飛ばないようシート養生も行います。

(2) 高圧洗浄
洗浄することで外壁に付着しているホコリや汚れ、苔・カビなどをきれいに洗い流します。この作業をしっかりと行う事ことにより、これから行う「塗装」において、塗料と施工箇所の密着性を高めることができます。

(3) 下地処理
現状の外壁の状況を確認して、ヒビや破損部分などがあれば補修を行います。雨水の侵入防止や仕上がりに差が出る重要な作業となりますので、しっかりと行います。

(4) 下塗り
下地の状況や塗料に合わせて下塗り材を選定します。下塗りをきちんと行うことによって中塗り・上塗りを行った際に、より塗料の密着性を高めることができます。

(5) 中塗り・上塗り
この作業では、塗膜に厚みをつけ、耐久性・耐候性を高めていきます。施工箇所によってはローラーを使用したり、細かい部分には刷毛塗りを行って塗装残しやムラの無いようしっかりと塗り重ねます。

(6) 鉄部・木部の塗装
鉄部は塗装の剥離を防ぐため、しっかりとケレン処理を行います。また錆びを防ぐための錆び止め塗装を行い、仕上げていきます。
木部も鉄部同様紙やすりなどで下地処理を行います。木部は外壁に比べて傷みやすいので、専用の塗料で塗装していきます。

(7) 仮設足場撤去
施工が完了し、点検・検査を行った後、足場を解体していきます。組立時同様、ここでも細心の注意を払いながら作業を進めていきます。また解体後、お客さまのお庭はもちろん、お隣の敷地や道路など、施工にご協力いただいたお礼を込めて清掃いたします。
Q2住みながらできるリフォームはどの程度の内容ですか?
リフォームの工事は、住みながら工事をすべきか、それとも引っ越しをして工事のために明け渡すべきか、よく迷うところです。しかし、部分的なリフォームを別にして大幅なリフォームの場合ですと明け渡した方が賢明です。

例として「住みながらにしてできる」リフォーム工事の内容を挙げていきます。
・キッチンや浴室・トイレなどの設備機器交換工事
・外壁塗装工事
・外構工事
・クロスの貼替えなどの内装工事
・家具・建具工事

外壁塗装・外構工事を除けば、どの工事もおおよそ2~4日間で完了する内容です。このくらいの内容・工期であればお客さまの生活への負担も少なく、住みながらでもリフォームができます。

担当者からのワンポイント・アドバイス

いよいよ、リフォームの施工が始まるときです。
生活の変化や近隣の方への配慮など、気を使うことも多いときですが、不安や心配なことは遠慮なくお話ください。

今回の特集担当者

所属部署
リフォーム
名前
柳田 政幸
プロフィール
平成4年(1992年)3月入社。工事部に12年間所属した後、8年間リフォームに携わり、約500件以上の物件を施工してきました。「お客さまとのコミュニケーションを第一に的確なご提案をさせていただきながら、心を込めた仕事で100%満足していただけるよう、日々頑張っています」

この特集の一覧を見る

資料請求

商品のご紹介や事例集、住まい方のご提案まで、さまざまなカタログを無料でご用意しています。

「リフォーム」資料請求

リフォームについてのお問い合わせ 0120-145-515 受付時間:午前9時〜午後6時(火・水曜日定休)

細田工務店公式 facebook