サイト内検索

細田工務店

  1. TOP
  2. グローイング倶楽部
  3. 会員特典
  4. 商品企画のヒミツ
  5. 第6回
商品企画のヒミツ大公開
グローイングスクエア杉並成田西グランフィールズ
  • 設計部 一級建築士
  • 南 裕
  • 平成9年に入社。工事部、技術部などを経て設計部へ。家族は妻と2人の子どもの4人家族。自邸は細田工務店で施工。プランは自らのアイデアも取り入れた収納力と明るく開放的なリビング空間となっており、とてもお気に入りとか。
インタビュアー
「グローイングスクエア杉並成田西グランフィールズ」(以下本物件)の建設地にはじめて訪れた際、どのようなことを思いましたか?
南
はい。最初にこの土地を訪れたのは、2015年1月、ちょうど1年前です。弊社が本拠地を置く杉並区の中でも分譲の実績が多く、得意とする浜田山エリアの中でも都内有数の花見の名所としても知られる善福寺緑地へ歩いてわずか2分の場所。このエリアの中でも特に自然の潤いに溢れていて、美しく伸びやかな住環境が整ったロケーションだと思いました。
インタビュアー
都市の利便性を持ちながら、周辺は緑量が非常に多く、心癒される落ち着いた街並みが大きな魅力ということですね。
南
そうなんです。この場所を訪れた時、この自然を守り続けたい、そして次世代にも繋げていかなければならない、それが使命だと思いました。そこで、「環境共生住宅」と「認定低炭素住宅」の両方を導入することとしたのです。これは細田工務店で初となります。
インタビュアー
「環境共生住宅」とは、どんな住宅のことですか?
南
はい、「環境共生住宅」とは、地球環境の保全という観点から周辺環境との調和し、健康で快適に生活できるように工夫された住宅のことです。
インタビュアー
なるほど、この土地にピッタリな住宅ですね。
南
今回、特に注目していただきたいのは「認定低炭素住宅」です。これは、二酸化炭素の排出の抑制に資する住宅で、H25年省エネ基準に比べ、水や電気などの一次エネルギーの消費量がマイナス10%以上を実現する住まいのことです。このため、各棟ごとに消費量を算定して認定を受けています。水道・光熱費の削減だけでなく、さまざまな税制優遇を受けることもできるんですよ。
インタビュアー
環境にも、人にも、さらにお財布にもやさしい住まいということですね(笑)。それでは「認定低炭素住宅」のために行った具体的な施策を教えてください。
南
もともと当社の分譲住宅は住宅性能表示制度の断熱等性能対応基準で最高等級「4」を取得できるものでしたので、一次エネルギー消費対応基準で当社標準の「4」から最高等級「5」に対応させることを考えました。具体的には、サッシの窓枠をアルミから、熱が伝わりにくい樹脂素材のものにしました。これによって、室内の温かさを逃さず、室外の冷たい空気を室内に伝わりにくくします。
インタビュアー
冬は暖かく、夏は涼しくて快適な住まいということですね。
他に「認定低炭素住宅」を実現するための策は何がありますか?
南
はい、本物件では全20邸に、ガスを使って、電気とお湯を同時に作り出す「エネファーム」を採用しています。
インタビュアー
エネルギーを作り出すとは、かなり効率的ですね。
南
そうなんです。通常、電力会社から自宅に送電される際、6割もの電気のロスがあると言われています。自宅で作り出せば、その無駄が大幅に削減できます。電気は照明や家電製品に、そして発電時に発生する熱でお湯をつくってキッチンやお風呂へ。本物件には温水ミストサウナや床暖房も設置されていますので、最大限にエネルギーを有効活用しているといえるでしょう。
インタビュアー
エネファームによって、どのくらい節約できるのですか?
南
4人家族で年間約5~6万円と言われています。「電気は買う時代から自分で作る時代に」ですね。まさに、未来型のエコ住宅。ここまで大きな規模の本物件の全邸に採用したのも、細田工務店初なんです。
インタビュアー
がんばらないでエコに貢献できるのは嬉しいですね。他に節電や節水に効果のある設備はありますか?
南
はい。節電でいうと、室内のダウンライトや外構部の照明などはLED照明にしています。節水でいうと、キッチンやお風呂の水栓は、節水型水栓にしています。また庭には雨水タンクを設置し、ガーデニングや夏場の打ち水、屋外の掃除に活用することで、節水にも効果があると考えました。
インタビュアー
雨水は、非常時の水としての活用することができるので、万が一の際にも安心ですね。あと、本物件は通風解析を行ったと伺いましたが。
南
はい、この土地の風の流れを分析したことで、1棟1棟の配置や、建物の形状、さらには開口部の位置を決めることに役立てただけでなく、風が弱い部分には風を作り出すなど、設計上で工夫することができました。
インタビュアー
設計の工夫で、風を作る出すことができるのですか?
南
空気は冷たいところから温かいところに流れます。冷房の使用期間をできるだけ短期間に抑えるために、その物理の原理を利用して、太陽光に近い天井に窓を作り、風の流れを作り出すようプランニングしました。水道、光熱費など一次エネルギーの消費を抑えるために、自然のエネルギーを最大限に活用していることも、本物件の大きな特徴と言えます。

「グローイングスクエア杉並成田西グランフィールズ」はおかげさまで完売いたしました。
ありがとうございました。

このページの先頭へ
Copyright © HOSODA CORPORATION All Rights Reserved.