注文住宅、分譲住宅、リフォーム、不動産仲介。住まいのことなら細田工務店へ。

耐震リフォーム:耐震診断

資料請求<リフォーム>

  1. TOP
  2. リフォーム
  3. 耐震リフォーム:耐震診断

耐震リフォーム耐震診断

今、住まいの耐震性を高めること。
それは皆さまの財産である住まいそのものを守ると同時に、大切なご家族の安全と生命を守ることでもあります。
安心して永く暮らせる住まいづくりを目指す細田工務店は、耐震診断そして耐震補強をとても大切に考えています。
細田工務店は、東京都木造住宅耐震診断事務所登録(第308号)を行っており、認定を受けた耐震診断技術者が「耐震精密診断」に対応しています。

耐震診断をおすすめする理由

耐震のための法改正として、1981年に、屋根葺材の種類別に耐力壁量がアップする改正が行われました。

建築基準法の改正による耐力壁量の変化についての図版
阪神・淡路大震災での建築物の被害状況の建築年別についての図版

しかし、1995年の阪神・淡路大震災で半壊・全壊した木造住宅の多くは、1981年の新耐震基準が施行される前に建てられた住宅だったことから、2000年に建築基準法の改正がなされ、 耐力壁配置のバランス、地盤の地耐力(堅さ)に応じた基礎の規定、引き抜き対策金物の規定など法基準が改正され、それまでの耐震上の問題は大きく軽減されることになったのです。

細田工務店では、安心して永く暮らせる住まいを提供するため、このような法改正への対応だけでなく、創業以来、丈夫な木造住宅への豊富な経験と実績も積み重ねてきました。この木造建築への深い知識に最新の技術を組み合わせ、熟練の技術者による的確な耐震診断を行っています。

まずは自己診断

お住まいの耐震力は普段からのチェックで知ることができ、危険な住宅には「症状」が表れています。もし、次のチェックポイントに該当する項目がある場合、住宅耐震診断をおすすめしています。

自己診断 10のチェックポイント ひとつでもあてはまれば耐震診断をおすすめします。あなたのお住まいは大丈夫?
  • 今住んでいる住宅は平成12年以前(2002年)に建てられた。 現行の耐震基準を満たしていない可能性があります。
  • 基礎にひび割れがある。 幅3mm以上のひびがある。
    基礎(玄関除く)は1周ぐるりとつながっていない。
  • 外壁に黒ずみ、ひび割れがある。
    過去に雨漏りがあった。
    外壁のコケや黒ずみがひどかったり、ひび割れがある場合は、壁の中での結露や雨漏りの可能性があります。
  • 家のまわりの地盤に段差がある。 玄関の勝手口のたたき、へいに段差がある場合、地盤が弱く、沈下している可能性があります。
  • 最近シロアリを見た。または近所でシロアリ処理をしていた。 「5年間専門家に見てもらっていない」「羽アリを見た!」「床下が湿気ている」などの場合、シロアリの食害の可能性があります。
  • 室内のドアが勝手に開閉する。 障子にすきまがあったり、室内ドアが勝手に開閉する場合は、住宅が傾いて変形している可能性があります。
  • 台風や弱い地震でもよく揺れる。 横からの力に抵抗する耐力壁が不足しているか、地盤が弱いため、建物の揺れを増幅している可能性があります。
  • 室内の床が傾いている。 2階の床でボールやビー玉が一方向に転がったり、幅木と床にすきまがある場合は、住宅が傾いている可能性があります。
  • 室内の壁や浴室のタイルがひび割れている。 室内のドアの上や窓の上、浴室のタイル(目地除く)がひび割れていないか。
  • 壁の量が少ないと思う。 1階に壁が少なく、独立している柱が多かったり、南側や道路側に大きな開口がある場合は要注意です。

細田工務店の住宅耐震診断

細田工務店の住宅耐震診断では、検査・計測機器を用いて現地調査、地盤調査(必要に応じて)を行います。そして調査したデータは耐震設計診断ソフトによって、精密に耐震診断を行い、診断結果を耐震診断書にてご報告しています。また劣化診断など、住まいの耐震性についても総合診断させていただき、問題点があれば改修・補強・リフォームなどのご提案をしています。

ご依頼 家の図面・間取り・壁の位置、築年数などの情報提供

調査 現地調査 検査機器類を使用して、床下および小屋(屋根)裏から、構造の確認、地盤調査(必要に応じて)
  • 小屋裏調査

    • 接合部
    • 含水率測定
    • 2階筋かいの確認 など
  • 建物内部調査

    • 耐力壁の調査
    • 間取りのチェック
    • 下地材・仕上げ調査 など
  • 建物外部調査

    • 外壁の調査
    • ひび割れの調査
    • 鉄筋探査
    • アンカーボルト探査 など
  • 基礎調査

    • アンカーボルトの確認
    • ひび割れの調査
    • 基礎の強度測定
    • 1階筋かいの確認
    • 含水率測定 など

診断 耐震設計診断ソフトに現地調査で得られたデータを入力

報告 住宅耐震診断報告、基礎、壁量、水平構面、バランス、直下壁率、老築度、地盤など
住宅耐震診断結果をもとに補強工事の提案書を提出いたします

住宅耐震診断の結果、改修・補強・リフォームが必要となった場合、お住まいになっている住宅に対する最適な補強工事の計画、工期、お見積などを提出します。
お打ち合わせの後、耐震リフォームに着手します。

細田工務店の耐震補強をぜひご検討ください

リフォームについてのお問い合わせ 0120-145-515 受付時間:午前9時〜午後6時(火・水曜日定休)