注文住宅、分譲住宅、リフォーム、不動産仲介。住まいのことなら細田工務店へ。

夏は涼しく、冬あたたかく。

  1. TOP
  2. 技術と品質
  3. 夏は涼しく、冬あたたかく。

夏は涼しく、冬あたたかく。

四季の豊かさは感じつつ、気温には左右されない、省エネな快適を実現。

木は、熱を通しにくく湿度も調整する、天然の空調装置。

夏は暑さが、冬は寒さが、それぞれ厳しい日本において、住まいの断熱性は快適さに直結する大切なポイント。だから細田工務店は、コンクリートの約10倍、鉄の約500倍も断熱性に優れている木を使った住まいづくりにこだわっています。
夏は外気の熱が室内に伝わりづらく、冬は室内の熱を外へ逃しにくくしてくれる木の家は、温度だけではなく、調湿性にも優れているのです。梅雨の時期は湿気を吸収し、乾燥する冬は逆に湿気を放出してくれます。日本の気候風土には、やはり「木の家」がふさわしいと言えるのです。

木の家の断熱性をさらに高めて、分譲標準仕様で断熱等性能等級で最高等級“4”を取得。

もともと断熱に優れた木の家を、細田工務店はその技術力でさらに向上。グローイング・シリーズでは天井や壁、床を高性能グラスウールでしっかりと包み込むように満たして、屋根・外壁・地面からの熱をシャットアウト。さらに、熱の影響を最も受ける窓には、遮熱性に優れたLow-E複層ガラスを採用することで、春夏秋冬いつでも快適で過ごしやすい住まいをご提供しています。

一次エネルギー消費量等級で最高等級“5”を実現した、ストロングスマートとエコサーマル。

快適な住まいは、エネルギー消費も少ない“燃費のいい”住まいでもあります。つまり、光熱費のランニングコストがとても有利になる、ということ。ずっと住み継いでいただくために、わたしたちはこの一次エネルギー消費量等級にも徹底的にこだわり、標準仕様で等級4を取得。さらに、樹脂製の高断熱サッシなど省エネと太陽光発電の創エネを組み合わせた“ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)”仕様の「ストロングスマート」では、年間で75%以上もの一次エネルギー消費量を削減し、最高等級の“5”を実現。同様に、家中のきれいな空気が流れ、エネルギーロスを抑え室内の温度変化が少なく体に優しい高気密・高断熱住宅仕様の「エコサーマル」も最高等級を取得。どちらも、まさに細田工務店の快適技術の集大成。冷暖房に頼らずとも一年中快適に過ごせて、人にも、サイフにも、地球にもやさしい、最新の住まいをご提供しています。

細田工務店の住まいづくりは、ゴミの分別を徹底することで、リサイクル率99%を達成。

完成した住まいが環境にいいことだけではなく、建てる段階においても、環境にやさしくありたい。細田工務店の建築現場では、資材の無駄を省き産業廃棄物をできるだけ削減するため、必要な資材を必要な時に、必要な分だけを納入しています。さらに、どうしても出てしまう産業廃棄物に関しては、分別を徹底。全体では約95.1%(平成27年度累計)の分別を達成し、木くず・紙くず・廃せっこうボード・廃プラスチックにおいては、リサイクル率100%を達成しています。

技術と品質トップに戻る

  • ※ 本ページ内の記載事項は、2016年8月現在のものです。仕様変更や商品切替などの理由により、予告なく内容変更になる場合があります。
  • ※ 本ページに掲載しておりますイラストや写真はパソコンの環境により、実際のものと形状・色が異なるように見える場合がございます。
  • ※ 本ページ内で記載している仕様については、当社が施工するすべての住宅に当てはまるものではありません。お客さまのご希望や建築される地域などにより変わることがあります。あらかじめご了承ください。