サイト内検索

細田工務店

  1. TOP
  2. グローイング倶楽部
  3. 会員特典
  4. 商品企画のヒミツ
  5. 第4回
商品企画のヒミツ大公開
グローイングスクエア花小金井
  • 設計部 一級建築士・宅地建物取引士
  • 勝山 泰伸 
  • 平成14年に設計部に入社。以来、営業や商品企画などさまざまな部署を経験し、再び設計部へ。趣味は公園バーべキューからキャンプ、トレッキングなど自然を愛するアウトドア派。
インタビュアー
いよいよ今月。「グローイングスクエア花小金井」の販売が開始されますね。まずはここ花小金井の魅力を教えてください。
勝山
はい。花小金井は、西武新宿線で高田馬場駅まで21分ほどの場所にあり、都心へのアクセスも良好な場所です。また駅の近くには緑のトンネルが心地よい多摩湖自転車道が走り、春は桜の名所にもなる広大な都立小金井公園があるなど、自然あふれる住環境が魅力な場所です。都立小金井公園は、なんと日比谷公園の約4.9倍もあり、16面のテニスコートやバーベキュー広場もあるんですよ。私も、ここで仲間と一緒にバーベキューを楽しんだことがあります。
インタビュアー
都心を身近にした利便性と自然と恵みの両方を持ち合わせ、バランスのとれた場所ということですね。
勝山
はい。この恵まれた住環境から、「グローイングスクエア花小金井」のテーマを、空と緑と水に潤う“東京オアシス”と名付けました。
インタビュアー
「グローイングスクエア花小金井」の中に、この自然の心地よさを大切に受け継いだということですか?
勝山
はい、そうです。この地にある自然の恵みを大切に受け継ぐために、ありのままの自然をうまく活用しようと考えました。そのひとつが玉川上水、小金井公園、多摩湖自転車道がある南側から吹く心地よい風の利用です。この緑の潤いを乗せた空気を最大限に街に呼び込むために、どの方向からどのような風が吹くのか、通風解析をおこないました。
インタビュアー
風の流れを解析した結果を、どのようなことに活かしたのですか?
勝山
実際の風の流れがわかったことで、風の通り道を生む28邸の配棟計画、また一邸一邸の屋根の形状や、窓の向きにも活かしました。外構も、一面の壁にするのではなく、木調のデザイン柱や通風ブロックを組み合わせたウォールを採用し、風の流れを表現するデザインとしています。
インタビュアー
通風を大切にしていますね。それでは、緑についてはいかがですか?
勝山
「グローイングスクエア花小金井」のあるエリアは、敷地面積に対する建築面積の割合を規定する建ぺい率が40%、建築延床面積の割合を規定する容積率が80%。つまり建ぺい率50%、容積率が100%のエリアより、ゆとりをもって建物を建てるように厳しく規定されたエリアです。
インタビュアー
敷地に対する建物以外の割合、つまり庭などの空地率が高くなるため、住宅地としては開放感のある良好な環境が保たれるということですね。
勝山
そうなんです。そこで、「グローイングスクエア花小金井」では、一邸一邸の空地部分を道路側に設けることにしました。これによって分譲地内を通る道路の幅がより広く感じられ、ゆとりのある街並みができるだけでなく、その空地部分、つまり外構の道路面に帯状の植栽を配して、グリーンラインをプランニングしたのです。
インタビュアー
グリーンラインには、具体的にどのような緑の演出をしたのですか?
勝山
グリーンラインには、四季折々の表情を楽しめるように選定し、さまざまな植栽を施しています。また木調のデザイン柱には、小箱を組み合わせたフラワーボックスを創り、住まわれる方がみなさまで街を彩れる工夫をしました。ポイントごとに住人同士が座って語らえるような、ベンチにもなる花台を置いたりしています。また、一部のプランでは庭の一角には、ハーブ菜園を設置しています。ハーブティーや料理のスパイスとして、緑を楽しく取り込める工夫をしてみました。
インタビュアー
街並み全体が緑あふれる風景になりますね。
勝山
そうです。駅から続く緑の多摩湖自転車道にもベンチがあり、そこで人が休憩していたり、しばらく歩くと公園があったり、畑が見えたりします。その自転車道から連続性を大切にし、このグリーンラインを創りました。
ほかにもインターホンとポストがある機能門柱もデザイン性のあるものにこだわりました。夜間の防犯面に配慮されているだけでなく、植栽を美しくライトアップしてくれます。
インタビュアー
ほかに、自然を活かした工夫はありますか?
勝山
はい。建物の壁にセルフクリーニング機能を備えたマイクロガード仕様の外壁材を採用して外壁がきれいに保てるように配慮しました。
インタビュアー
雨の力を借りて、住まいの美しさを持続させるということですね。
勝山
それだけではないのです。雨水を有効活用するために、雨水タンクを設置しました。植栽の水やりはもちろん、地震などの災害発生時の断水対策としても活用できます。
インタビュアー
それでは、機能性や快適性を高める工夫は、ありますか?
勝山
各邸のカーポートには、アウトドアから戻ってきた際に汚れたモノなどを一時的にかけておけるような便利な物かけ金物と立水栓を用意しました。また、カーポート付近だけでなく、グリーンライン側の建物の壁にコンセントを設置しました。クリスマスやハロウィンなどのシーズンにイルミネーションを楽しみ、そしてこの街全体に広がり、ここに住む家族同士がコミュニティを育む要素となればと願い、ひとつひとつの設備仕様にもこだわりました。
インタビュアー
そういえば、「グローイングスクエア花小金井」は、国が定める「長期優良住宅」の認定を取得していると伺いましたが。
勝山
はい、そうなのです。これは「長く、安心して住み続けることができる家」「省エネ性能の高い家」の証です。高性能な家というだけでなく、住宅を長期にわたり使用することで、住宅の解体に伴う廃棄物の排出や自然環境への負荷を少なくする役割も果たしているんですよ。この地にある自然の恵みを大切にするだけでなく、自然を守るために私たちができることを実践しました。

[インナープラン編] "家族の居心地のよさ"を大切に考えたプラン
詳細はこちら

「グローイングスクエア花小金井」はおかげさまで完売いたしました。
ありがとうございました。

このページの先頭へ
Copyright © HOSODA CORPORATION All Rights Reserved.