注文住宅、分譲住宅、リフォーム、不動産仲介。住まいのことなら細田工務店へ。

第6回「住まいのチェック編」

資料請求<注文住宅>

  1. TOP
  2. 注文住宅
  3. 特集:はじめての住まいづくり講座
  4. 第6回「住まいのチェック編」

特集/はじめての住まいづくり講座第6回「住まいのチェック編」

完成した物件を見学して、
自分たちのプランを確かめましょう

マイホームがイメージどおりにできあがるかどうか?
一番肝心だけれど大変なのが建物の仕様を決めていくプロセスです。カタログだけでなく、実物を見ることをオススメしますが、住宅展示場やショールームより、できれば実際の完成物件を見学できるとなおよいですね。

ナビゲータ:渡辺 勝

  • 1.完成物件を見学する

    動線を考えて間取りをチェック、家具や家電品の配置を決めてコンセントの位置を確認、部屋ごとに壁紙や床材の色を決め照明器具やカーテンを選ぶ、などなど。イメージをカタチにしていく大事な作業です。
    でも、図面やカタログだけではなかなかピンとこないので、実物を見た方がよいですね。
    では、なぜ住宅展示場より、本物の施工事例の方がよいのでしょうか?なぜなら、住宅展示場は、実際に住むことを前提には建てられていないからです。住宅展示場は大きくて現実味がないことが多いので、完成物件の見学会などがあれば、そちらの方が、よりリアルなイメージが持てるのです。
    それでは、具体的にどんなことを確認すればよいかを挙げていきましょう。

  • 2.実生活での「間取り」をイメージする

    2.実生活での「間取り」をイメージする

    プランニングの段階で一番悩むのが間取りですが、図面だけではなかなかイメージがつかめません。完成物件では、配置や広さを自分のプランと重ねながら確かめることができます。完成直後の物件では、家具や家電品が置かれていない場合もありますが、家具の大まかな寸法を把握し、置いたところを想定してみてください。
    廊下の幅、ドアや椅子の引き幅、天井の高さなどを実感することで、図面ではわからない空間認識を持つことができます。

  • 3.「仕上がり」への不安が解消される

    3.「仕上がり」への不安が解消される

    壁紙や床材は、カタログや色見本から選びますが、床、壁、天井など面積が広くなると、カタログで見たイメージと違ってくることがあります。実際の仕上がりと自分の選んだものを見比べて、もう少し明るくとか艶消しで、などと調整していくのがよいでしょう。ただし、タイミングによっては仕様の変更ができない場合もありますので、必ず営業担当者に確認しましょう。 また、実際の建物を見ると、汚れやほこりが目立つ色、滑りにくい材質、ドアや窓枠との統一感など、他にも気づくことがいろいろ出てくるでしょう。

  • 4.「図面に描かれた寸法」を確かめる

    4.「図面に描かれた寸法」を確かめる

    例えば廊下から部屋に入る時、ドアの開く向きや家具の有無により狭く感じることがあるように、さまざまな場所において、わずかな寸法の違いで使い勝手に差が出るものです。それが毎日のこととなると、「快適さ」に大きな開きができてしまうかもしれません。
    出入り口の幅、扉の向き、リビングの照明は部屋の中心でいいか、インターフォンの高さは?など、「不便」と感じる部分をなくすためのチェックが必要です。メジャーを使い、図面上の寸法と気になる場所を比較してみることをオススメします。

  • 5.「構造や施工」を肌で感じる

    5.「構造や施工」を肌で感じる

    玄関を閉めると外の音はどのくらい気にならなくなるか、1階にいて2階の人の物音は響くか。風の通りはどうか。家には実際に住むための工夫が詰まっています。それを体感してみてください。

ここが知りたい!Q&A

Q1完成した建物を見学したいのですが、商談中でも案内してもらえますか?
ご案内は可能です。ただ、建築現場と同様、お施主さまの了解が必要になりますので、見学は了解をいただいてからとなります。「完成現場見学会」の開催をお待ちいただくか、随時、分譲住宅のモデルハウスをご案内していますので、お気軽にお問い合わせください。

開催中の見学会を探す(別ウインドウを開く)

Q2完成現場の見学会に参加する場合、注意することはありますか?
完成したばかりのお施主さまの建物ですので、傷つけたり汚さないよう配慮が必要です。夏場の見学の際、素足で歩くことは禁物です。見学の際には、営業担当者が用意したスリッパを必ず使用してください。また、クロスを汚さないよう、営業担当者が用意した手袋を着用するようにしましょう。お子さまを連れての見学もなるべく控えましょう。

担当者からのワンポイント・アドバイス

このように、建築会社が決まり、ある程度プランが固まってきたころで完成物件を見学すると、設計や仕様の細部を確認・検討することができます。つまり、後悔のないマイホームづくりのためには、タイミングよく完成物件を見る機会を持つことが、ひとつの鍵といえます。打ち合わせの早い段階から、営業担当者に打診しておくとよいでしょう。

今回の特集担当者

所属部署
注文住宅営業
名前
渡辺 勝
プロフィール
H8年入社。注文建築部に配属、その後、リフォーム部を経てH23年に再び注文住宅担当に。「これまで注文住宅とリフォームに携わりました。お建ていただいたお客様との対話やリフォームの経験をふまえ、ずっと愛着が持てるお住まいをご提案してまいります。ご一緒に楽しい家づくりをしましょう!」

この特集の一覧を見る

資料請求

商品のご紹介や事例集、住まい方のご提案まで、さまざまなカタログを無料でご用意しています。

「注文住宅」資料請求

注文住宅についてのお問い合わせ 0120-539-771 受付時間:午前9時〜午後6時(年中無休/年末年始を除く)