注文住宅、分譲住宅、リフォーム、不動産仲介。住まいのことなら細田工務店へ。

第3回「家づくりにかかる費用編」

資料請求<注文住宅>

  1. TOP
  2. 注文住宅
  3. 特集:はじめての住まいづくり講座
  4. 第3回「家づくりにかかる費用編」

特集/はじめての住まいづくり講座第3回「家づくりにかかる費用編」

納得のいく住まいづくりのためには、費用の知識も必要です。

建てたい家のイメージができたら、次はお金のことですね。
理想のマイホームも、予算と折り合いがつかなければ実現できません。まずは、家づくりにかかる費用をきちんと把握して、無理のない資金計画を立てましょう。

ナビゲータ:八巻 大祐

家づくりの費用は大きく分けて2つ。

家づくりにかかる費用は、「総建築費」と「その他の費用」に大別できます。
総建築費というのは、建築会社に支払う費用のことで、建物を建てるためにかかる費用(本体工事費)および、それに付帯する費用が含まれます。
その他の費用としては、引っ越し・仮住まい費用、エアコンや照明、家具代などがあります。
では、詳しく説明しましょう。

  • 総建築費の内訳

    ・建築本体工事費
    建物の躯体を建築するのにかかる費用です。(一般的に坪単価といわれているものは、この費用を建物の坪数で割った価格になります)
    基礎・土台・柱・梁・屋根・外壁・サッシ・建具・キッチンや浴室などの設備機器、電気工事、その他足場や工事の安全に関わる仮設費用などが含まれます。


    ・付帯設備工事費
    建築躯体工事以外の費用のうち、建物外のライフラインに関する工事のことです。 水道引き込み工事、給排水設備工事、ガス配管工事などになります。


    ・その他工事費
    建築躯体工事以外の費用のうち、敷地条件などで大きく費用が変わる項目です。外構工事・解体工事・地盤改良工事などがあります。


    ・諸費用
    敷地の測量調査費用・建築確認申請費用・設計費・工事監理費・契約時印紙代・登記費用・固定資産税・火災保険などがあります。


    ワンポイントアドバイス
    ケースによって、異なる費用もあります。地盤改良工事費などは、敷地条件によって変わることがあるので注意が必要です。
  • その他の費用

    直接の工事費用ではないので、忘れがちになりやすい部分です。引っ越し代、仮住まいの家賃、駐車場代などがあります。
    また、エアコン、カーテン、家具代なども別途かかりますし、古い家具や電気製品の引き取りにも料金が発生します。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

工事費内訳(PDFを開く)

ここが知りたい!Q&A

Q1細田工務店の注文住宅って坪単価はいくらなの?
坪単価につきましては、一律にいくらとお答えすることができません。理由は、注文住宅という性格上、一邸一邸、お客さまの要望や敷地条件が異なるためです。
ご希望の敷地で家づくりの計画がございましたら、当社までお問い合わせください。お見積りは無料で行っています。
Q2実際に計画を立てたいけど、費用はどうやって調べればいいの?
プロにご相談ください。費用を把握するためには、もとになる家づくり計画が重要です。計画が曖昧ですと、当然かかる費用も曖昧になってしまいます。
まずは、相談しながらしっかりした計画を作り、その上で、費用を確認するとよいでしょう。
当社では、ご相談から2週間程度で、費用を含めたプランを、ご提案させていただきます。

担当者からのワンポイント・アドバイス

まずご自身の用意できる資金を把握し、建築会社に予算を正確に伝えましょう。「坪単価」に惑わされず、内訳をしっかり確認することも大切です。計画から無理と無駄を省き、理想の住まいづくりを前進させましょう。
納得のいくまで、私たちがお手伝いします。

今回の特集担当者

所属部署
注文住宅営業
名前
八巻大祐
プロフィール
入社以来、技術系の部門で住まいづくりに携わる。これまでに培ってきた専門知識を元にしたアドバイスが好評。「お客さまのお話をじっくり伺いながら、住まいづくりのお手伝いをいたします。」

この特集の一覧を見る

資料請求

商品のご紹介や事例集、住まい方のご提案まで、さまざまなカタログを無料でご用意しています。

「注文住宅」資料請求

注文住宅についてのお問い合わせ 0120-539-771 受付時間:午前9時〜午後6時(年中無休/年末年始を除く)