注文住宅、分譲住宅、リフォーム、不動産仲介。住まいのことなら細田工務店へ。

断熱気密性能

資料請求<注文住宅>

  1. TOP
  2. 注文住宅
  3. エコサーマル
  4. 断熱気密性能

エコサーマル™
断熱気密性能

  • 断熱性能
    H25年省エネ基準※1(断熱等級4)において、関東より厳しい北東北地域(3地域)で求められるレベルの断熱性能(UA値0.56 以下)※2を確保します。

    ※1)25年省エネ基準とは、平成25年10月1日から施行された「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」。従来の断熱性能だけではなく冷暖房などのエネルギー消費の効率性なども評価の対象になりました。
    ※2)UA値とは「外皮平均熱還流率」数値が小さければ小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高いことを表します。

  • 気密性能
    隙間相当面積※3 2㎠/㎡以下を確保します。
    (はがき2枚分の隙間/40坪の住宅)
    エコサーマル住宅は全棟気密測定を行います。

    ※3)隙間相当面積とは、窓などを閉め切った状態で、外気が入ってくる微細な隙間の大きさを表します。

    〈一般的な住宅〉はがき10枚分の隙間

    〈エコサーマル〉
    はがき2枚分の隙間

  • 断熱材:マシュマロ断熱

    現場で吹付けるウレタンフォーム断熱材、「マシュマロ断熱(フォームライトSL)」を採用。
    フォーム内のほとんどが空気でできた断熱材を用いた「マシュマロ断熱の家」は、高いレベルで実現する高気密・高断熱などにより、省エネ、静寂、健康的など、さまざまなメリットを生み出します。

    • ● 断熱性能が高く、経年変化も小さい
    • ● 柱に直接接着されるので気密性が高い
    • ● 吸音遮音性能が高く騒音をカット
サーモグラフィによる温度差調査
一般住宅の壁(グラスウール)

断熱材と構造材(柱・土台)のわずかな隙間から冷気が壁内に侵入しているため、温度差が大きい。

マシュマロ断熱を使用した壁

マシュマロ断熱は構造材(柱・土台)に接着をするため、冷気の侵入が無く、温度差が小さい。

  • サッシ:アルゴンガス入り樹脂サッシ

    サッシは外気の温度差が伝わりにくい高性能樹脂サッシを採用。
    アルゴンガス充填によりさらに一つ上の断熱性能を実現します。

    Low-E 複層ガラスが熱の出入りを軽減します。
    ガラス構成:3㎜+空気層16+3㎜
    2枚のガラスの空気層とガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。※冬場の暖房効果を高める断熱タイプ

    アルゴンガス層
    ガラスとガラスの間にアルゴンガスを充填。空気に比べ熱伝導を約30%抑えます。

    樹脂が結露の発生を軽減します。
    樹脂の熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1。室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。

冬の窓辺の表面温度/結露比較
アルミ(複層ガラス)

室外温度0℃/室内温度24℃ ※試験値
ガラスにもフレームにも結露が発生し、水滴が流れています。

室外温度0℃/室内温度24℃ ※試験値
ガラスにもフレームにも結露はみられません。

※注意 結露の発生は窓の性能だけではなく、住まいや他の自然環境にも影響されます。室内の条件によって結露が発生する場合もあります。

コールドドラフトとは

コールドドラフトとは、窓辺で冷やされた空気が、下降気流となり足元に流れてたまっていく現象。空気には、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へたまる性質があります。

サーモグラフィカメラによる窓辺の温度比較
アルミ( 複層ガラス)

コールドドラフトが起こり、床が冷やされて温度が下がり室内全体の温度低下が見られます。

コールドドラフトを抑え、床が暖かい温度を保っており室内全体も温かく保たれています。

※床暖房停止後4時間経過時/社内試験による。